トップページへ > 会長挨拶

会長挨拶

会長写真
会 長  二 井  栄

 このたび(R2.6.20)県医師会長に就任いたしました二井 栄でございます。いなべ市で生まれ現在は鈴鹿市で産婦人科医として働いております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 県医師会は医療界を代表する団体としての自覚を持ち、いま以上に多くの事業に取り組んでいく所存です。少子高齢化の波が否応なく押し寄せてきている現在、必然的に介護や在宅医療に関心が向かいますが、県民が人生を全うする時に三重県に住み生活をして本当に良かったとの思いを持っていただけるように支援してまいります。一方、三重県の人口減少を最小限に抑制していく施策も忘れてはなりません。これら事業を通じて県民満足度を上げるために多くの貢献ができるものと信じています。

 本年は新型コロナウイルス感染症の流行にともない緊迫した状況が続いていますが、幸いなことにこれまでのところ県内では大きなクラスターも発生せず経過しています。県医師会としても各地区医師会、県行政とも協調しながら対策を行っているところです。特に多くの地区医師会で新たにPCRセンターが開設され活動が開始されています。たとえ僅かでも皆さまに安心感をお届けできればと願っています。

 結びに、県医師会は各地区医師会や大学病院をはじめとする各病院、さらに行政とも意識を共有しながら県民の安心・安全を最重要課題として取り組み、そして県民に寄り添うことで県民に最も近い団体として活動してまいります。皆さま方には、よろしくご理解とご支援のほどお願い申し上げます。

公益社団法人 三重県医師会  
  会 長 二井 栄


医の倫理綱領

医の倫理綱領
  1. 医師は生涯学習の精神を保ち、つねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩・発展に尽くす。
  2. 医師はこの職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心掛ける。
  3. 医師は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るように努める。
  4. 医師は互いに尊敬し、医療関係者と協力して医療に尽くす。
  5. 医師は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序の形成に努める。
  6. 医師は医業にあたって営利を目的としない。

日本医師会


このページの先頭へ